まずは知ることからはじめよう!

レーシックとは、レーザーで角膜の形を修正し、視力を矯正・回復する手術のことです。
レーシック治療は目に直接レーザーを照射するので危険なイメージを抱く方も多いかと思いますが、コンタクトレンズよりも合併症の危険が少ないと言われるほど、安全性の高い手術です。まずはレーシックを正しく理解することからはじめてみましょう。

適性を知る

レーシックに適しているか医院に行かれる前に一度自己チェックしてみましょう。

レーシックに向く人、向かない人

種類を知る

角膜の薄さや形などにより受けられるレーシックの種類は変わってきます。

レーシックの種類を簡単比較

費用を知る

レーシックの費用は一般の眼科治療とはちがい、医院によって価格の設定が異なります。

費用・価格について

流れを知る

カウンセリング時からどのような流れでレーシック治療をしていくのかご紹介します。

レーシック治療の流れ

疑問を知る

治療を行う前にレーシックに関する疑問点を解消しておきましょう。

目が見える仕組み

危険を知る

コンタクトレンズの正しい使用法や、眼病感染の可能性についてご紹介いたします。

コンタクトレンズの危険性

レーシックの基礎

レーシックは角膜を直接削ることになるため、誰もが受けられるわけではありません。角膜の形状や厚さなどによっては、レーシックに向かない場合もあります。

また、ひとことにレーシックと言っても、様々なタイプのレーシック手術があります。ある種類のレーシック手術はできない場合であっても、別の種類のレーシック手術ならばできる、といった事もあります。

費用については、健康保険の適用はなく原則的に、全額自己負担となります。また、医院によって、価格の設定が異なるので、価格のみならず、アフターケアサービスなども、併せて検討するのがいいでしょう。

実際にレーシックを受けることとなった場合には、必ず検査を受けることとなります。この時点で、レーシックに適応せず、手術を受けられないと診断される場合もあります。

レーシックの歴史

レーシックの歴史レーザーを使ったレーシック以前の手術法としては、RKやPRKなどがありました。しかしこれらの方法は、術後に痛みがあったり、視力が安定するまで、時間がかかるなどのデメリットがありました。

その後、レーシックは1990年代に、アメリカを中心に一気に広まり、日本では2000年1月に厚生省(現・厚生労働省)より、エキシマレーザーの使用認可が下りました。

これにより、レーシックは日本でも、広く認知されることとなり、 症例数は年々増加しました。そのため、以前と比べて身近な視力矯正方法となっています。

おすすめ医院

レーシック・ネット厳選のおすすめ医院をご紹介いたします。
医院ごとに「医院の特徴」「価格」「特典」「症例実績」「満足度」など、わかりやすく項目別にご説明いたします。是非ご参考にしてください。

  • 神戸神奈川アイクリニック
  • 品川近視クリニック
  • 湘南メディカルクリニック SBC新宿近視クリニック
  • 錦糸眼科

用語集

レーシックをもっとよく知るための用語集です。治療や眼に関する用語を頭文字から調べることができます。

用語集を見る

Q&A

レーシックを受けたいけれど、目の手術するというのは、やはり不安…。そんな皆さんの様々な質問にお答えしています。

Q&Aを見る

このページのトップへ